トップページへリンク

 お問い合わせ サイトマップ

塾コンセプト   

バイトから専業まで
文章のスキルを仕事にしたい人に
戸田覚塾が新しいコンセプトに生まれ変わりました。文章スキルを上げるための講義内容はそのままに、より参加するみなさまのご希望に添う形へと進化。よりリーズナブルな受講も可能になっています。

○文章スキルをアップしたい方のために
インターネットの普及で広く読んでいただくための文章が一気に増えました。ところが、その質は高いものばかりとは言えません。戸田覚塾では、文章を書く力をアップする講座を開催してきました。今回、より多くの方が書く仕事に携われる仕組みを新たに考えました。目標は、インターネットを中心にした文章の質を向上させることです。

○文章で副収入を得ることが目標
時給2000円を目標に主婦やサラリーマンの方が文章で収入を得ることを目標にします。空いた時間で自宅にいながら作業できるのが魅力です。そのための基礎スキルをライターコースで磨いてください。なお、仕事は株式会社アバンギャルドと専属契約を結ぶことで提供させていただきます。

○専業の物書きになりたい方も歓迎
現在のお仕事からの転身を図りたい方も歓迎いたします。
まずは、副収入を得ながら書く力を身につけていき、自然に“本業”へと進まれるのがベストです。通勤をせずに収入を得られるのが魅力ですが、作業できる時間や経験、能力によって収入にはばらつきがあります。生活できるだけの収入を得られない間は、副収入を得るのを目的にしてください。

ライターとして契約された方の仕事については、常にご希望を伺いながら、ご相談をさせていただきます。
※専属ライターとしての契約ではなく、株式会社アバンギャルドに勤めたい方は、こちらをご覧ください。

戸田覚塾で身に付くこと
全8回、合計16時限の授業で、プロの執筆技術を身につけるのが、戸田覚塾のコンセプトです。
伝えたいのは、プロのスキルそのものです。
プロの物書きには、文章力、企画力、構成力、取材力など、多くのスキルが求められます。 たった16時限でそのすべてが身につくとは思っていません。しかし、正しい学習の道筋は明確に見えてくるはずです。

戸田メソッドによる学習ノウハウ
プロの物書きに必要なスキルは、国語の時間に学んだこととは、まったく異なります。プロとして通用するための学習ノウハウには、絶大な自信を持っています。これまで、業界に多くの弟子を排出した戸田のメソッドは、必ずあなたにとってプラスになります。なぜならメソッドは、文章を書くテクニックやノウハウだけではなく、自分で文章の力を磨く独習方法だからです。方向性がわかれば、努力次第で文章はどんどん上手になります。

■こんな仕事があります
さまざまな仕事が、用意されています。ただし、レギュラーの仕事と時期によって単発で発注する仕事があります。常に同じ量の仕事があるわけではありません。また、仕事の発注を保障いたしません。最初の仕事を発注させていただく段階で専属契約となります。

仕事の例
・Webページのレジャー情報
 200文字程度 10件の執筆と電話による調査など 1万円程度から

・インタビュー原稿
 1200文字程度 5000円程度から

・製品やアプリなどの評価
 400文字程度×4本 3000円程度から

・テープ起こしや、情報のとりまとめ
 費用はご相談

戸田メソッド   

文章力がみるみる向上する『戸田メソッド』とは

 ライターが書く文章は、いわば〝実用文〟です。芸術や創作ではないので、大事なのは読みやすく、事実をきちんと伝えること。また、限られた文字数で読み手を納得させる文章が求められます。

 ライターとしての文章がうまくなる訓練は、どのようなものでしょう?
これまでは、きちんと訓練を実施する仕組みがなかったため、独習するしかありませんでした。

 しかも、独習の方法さえ、自分で考えて苦労していたのです。例えば、小説をたくさん読んでも意味がありません。まして、文法を正しく知っていても、よい文章が書けるわけではありません。小学生でも、文章は書けます。しかし、プロとしての文章は、正しい訓練をしないと書けるようにならないのです。

 ライターに求められる文章の書き方を、徹底的に教えるのが戸田覚塾最大の特徴です。しかも、学歴や才能に関係なく、文章力が向上します。そのために、戸田覚自身が独自の学習方法を編み出しました。

 


悪い文章例
このデジタルカメラは、市販デジタルカメラの中で最も小さいが、美しい写真が撮れるデジタルカメラとして人気が高い。

良い文章例
市販デジタルカメラの中で最も小さいが、美しい写真が撮れる人気モデルです。

内容はどちらも正しく、同じことを言っています。
 ところが前者は、「デジタルカメラ」という重要なワードを使いすぎているために、 全体が冗長で、一目で「下手な文章だ」と思われてしまいます。

 これを防ぐために戸田メソッドでは、「デジタルカメラという言葉を1度しか使ってはいけない」という、 課題を提出します。結果、難しい文法を考えることなく、冗長でない文章が書ける訓練ができるのです。

 毎回、このようなテーマが与えられます。文法の知識や文章を書くノウハウを知らなくても、 指示に従って文章を書いているうちに、高い文章力が身につきます。

 短時間で文章のスキルが確実に向上できるのが、戸田メソッドの特長です。もちろん、 人それぞれに能力には個人差があり、練習に掛けられる時間も異なります。しかし、 必ず自分で能力向上が実感できるからこそ、続けられるのです。

受講スケジュールの確認・お申し込みはこちら

戸田覚塾 授業風景

PAGE TOP このページの先頭へ